歯周ポケット



歯周ポケットとは、歯(歯根)と歯肉(歯茎)の間に出来る溝のことで、健康な歯肉(歯茎)の場合は歯と歯肉がピッタリとくっついていますので歯周ポケット(歯肉溝)の深さはとても浅いのですが、歯周病になり歯肉(歯茎)が腫れると、歯肉が歯から離れていくため歯周ポケットが深くなるのが大きな特徴です。


歯周ポケットには歯垢(プラーク)が溜まりやすくなり、溜まった歯垢(プラーク)は歯磨きだけでは取り除くことが難しくなるため、歯垢(プラーク)によって慢性的に歯肉が腫れ、歯周病がより進行してしまうという悪循環となってしまうのです!


〜歯周ポケットが深くなると?〜


・歯周ポケットに歯垢(プラーク)、歯石、食べカス等が溜まりやすくなるので口臭がきつくなる。


・歯に直接、水などが触れるようになるため冷たい水、温かい物などを食べると歯がしみる。


・歯と歯肉の間が大きくなるため歯がグラグラ動くようになる。


 歯周ポケットの深さと歯周病の症状



歯周ポケットの深さは歯医者で『ポケット探針』と呼ばれている専用の器具を使えば測る事ができ、歯周ポケットの深さによって歯周病がどれほど進行しているのかの大きな目安になります(1本1本、歯周ポケットの深さは異なりますので、数ヶ所の歯の歯周ポケットの深さを測ります)。


◎健康な歯茎(歯肉)


⇒「〜2mm


健康な歯肉(歯茎)の場合でも「1〜2mm」ほど歯肉と歯の間に溝があり、この溝は歯周ポケットではなく、歯肉溝と呼ばれることもあります。


◎歯肉炎(軽度歯周病)


⇒「2〜5mm


歯周病の初期段階の歯肉炎では歯肉(歯茎)が腫れてきて、歯周ポケットが健康な歯茎に比べて多少深くなってきますが、この状態で治療を行えば完治する事も十分、可能です。


◎歯周炎(重度歯周病)


⇒「5mm〜


歯周病が進行し歯周炎になると歯肉(歯茎)の腫れも大きくなるため、より歯周ポケットが深くなり、歯周ポケットが深くなれば歯がグラグラしてきたり、歯垢(プラーク)が溜まりやすくなるため歯垢(プラーク)によって歯肉が慢性的に腫れたり、膿が溜まったりと、歯周病の進行が早くなってしまい、この状態で歯医者に行っても治療がとても困難で、最悪、手遅れとなり歯が抜けてしまう事もあるのです!



以上のように歯周ポケットの深さによって歯周病の状態をある程度知る事が出来ますが、歯周ポケットの深さはあくまでも目安であり、歯周ポケットが浅くても重度の歯周病の場合もありますので、歯茎(歯肉)からの出血程度など、その他の診察を総合して歯周病の状態を判断し、治療していく事となります。


 関連記事



歯周病とは、どんな病気?

歯周病の症状チェック

歯肉炎と歯周炎



スポンサードリンク

歯周病の症状

歯周病の原因

歯周病の予防対策

治療法・手術法・治し方

関連Q&A

リンク集&免責事項

SNS / bookmarks

サイト更新日


平成29年10月22日

お問い合わせ


Copyright © 2008-2017 歯周病ガイド. All rights reserved