歯肉炎と歯周炎



歯周病は自覚症状がないまま少しずつ、そして確実に症状が進行してゆく病気で、一口に歯周病といってもさまざまな症状がありますが、大きく分けると「歯肉炎⇒歯周炎」と徐々に症状が進行して行きます。


では「歯肉炎と歯周炎」はどのような症状なのでしょうか?


 歯肉炎(しにくえん)



歯周病の初期段階ではまず歯周病菌(プラーク中に含まれる細菌)の付着によって歯肉(歯茎)が赤く腫れて炎症を起こしたり、歯磨きで出血したりする「歯肉炎」になります。


歯肉炎の段階ではまだ歯周組織のうちの「セメント質・歯根膜・歯槽骨」は溶かされていませんので歯がグラグラするなどの症状はありませんが、歯肉炎の初期段階ではまずは歯と歯の間の歯肉(歯茎)が炎症を起こすため自覚症状がないことが多く、仮に自覚症状があっても歯肉(歯茎)が腫れることなんてたいしたことがないと思い放っておくと歯周組織が侵される歯周炎へと発展してしまいますので、歯肉炎の段階で早めに治療を行う事がとても大切なのです。


この歯肉炎の段階で歯医者で治療を行えば、確実に歯周病を完治する事が出来ますので、日頃から口の中の異常を感じたら早めに歯医者で診察を受けるようにしましょう!


 歯周炎(ししゅうえん)



歯肉(歯茎)が腫れたり、出血するだけでなく、歯周病菌(プラーク)によって歯周組織のうちの「セメント質・歯根膜・歯槽骨」などが溶かされたために歯がグラグラしたり、歯が長く出っ歯に見えるようになる症状が「歯周炎(慢性歯周炎)」です。


歯周炎を細かく分ければ、


・成人性歯周炎
・早期発症型歯周炎
・思春期前歯周炎
・若年性歯周炎
・急速進行性歯周炎
・難治性歯周炎


上記のように分ける事が出来ますが、歯周炎のうちもっとも多くの方が当てはまるのが「成人性歯周炎=慢性歯周炎」です。


歯周炎(慢性歯周炎)になると歯周組織が侵され、溶かされてしまいますので、いわゆる歯周ポケットが深くなり、歯周病の原因である歯垢(プラーク)がより溜まりやすくなり、普通の歯磨きでは歯垢(プラーク)を取り除く事が出来なくなるため、歯医者で治療を行わなければドンドン症状が悪化し、最終的には歯が抜けてしまいますので注意が必要です!


この歯周炎まで歯周病が進行してしまいますと治療がとても大変で、最悪、手遅れの場合もありますので、定期的に歯医者で健診を受けたり、少しでも口の中の異常を感じたら早めに歯医者に行く事がとても大切なのです!


歯肉炎の段階ではまだ歯周病ではないという見解もありますが、歯周炎は歯肉炎が悪化した状態なので、当サイトでは歯肉炎も歯周病として説明しています。


 関連記事



歯周病とは、どんな病気?

歯周病の症状チェック

歯周ポケット



スポンサードリンク

歯周病の症状

歯周病の原因

歯周病の予防対策

治療法・手術法・治し方

関連Q&A

リンク集&免責事項

SNS / bookmarks

サイト更新日


平成29年10月22日

お問い合わせ


Copyright © 2008-2017 歯周病ガイド. All rights reserved