歯周病とは、どんな病気?



歯周病とは、歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている『歯周病菌(細菌)』に感染し、歯肉(歯茎)が腫れたり、出血したり、最終的には歯が抜けてしまう、日本人が歯を失うもっとも大きな原因の歯の周りの病気の総称です。


歯周病の初期では自覚症状がほとんどないので気付いていない方が多いだけで、実際には日本人の成人の約80%が歯周病(歯肉炎or歯周炎)にかかっているといわれています。


歯周病と同じ意味で「歯槽膿漏(しそうのうろう)」という言葉もありますが、歯槽膿漏は字のごとく、「歯周組織から膿(うみ)が出る」症状のことなので、厳密にいえば歯槽膿漏は歯周病の一症状のことなのですが、最近では「歯槽膿漏=歯周病」として、歯槽膿漏という言葉はあまり使われなくなり、歯槽膿漏を含めて歯周病という言葉を使う事が多くなっています。


 歯周組織






歯周病を知り、予防対策し、治療していくためには、まずは「歯の周りの組織=歯周組織」について理解しておくことも大切です。


歯周組織は大きく分けると以下の4つの組織からなっており、歯はこれらの組織に守られているため、歯周病になって歯周組織が侵され、歯槽骨、歯根膜が溶かされてしまうと歯を支える事が出来なくなり、結果、歯周病の末期症状になると歯が抜け落ちてしまうのです。


~歯肉(歯ぐき)~


歯肉(歯茎)は上唇を上げるか、下唇を下げれば見えるピンク色をしている歯槽骨を覆っている粘膜のことで、健康な歯肉はピンク色をしていますが歯周病になると、赤色、赤紫色に変化して行きます。


~歯根膜(しこんまく)~


歯根膜は主にコラーゲンからできている歯と歯槽骨を結ぶ組織(繊維)で、歯に伝わった力を歯槽骨に直接、伝わらないようなクッションの働きをしていますが、歯周病になると歯周病菌に溶かされてしまうため、歯が露出してきます。


~セメント質~


セメント質は歯の根元を覆っているとても薄い組織です。


~歯槽骨(しそうこつ)~


歯槽骨は歯肉と歯根膜に覆われている骨の事で、歯はこの歯槽骨に埋まっており、歯周病になると歯根膜、同様、この骨が溶かされていくため、歯がグラグラしたり、歯が徐々に露出してきます。


 関連記事



歯周病の症状チェック

歯肉炎と歯周炎

歯周ポケット



スポンサードリンク

歯周病の症状

歯周病の原因

歯周病の予防対策

治療法・手術法・治し方

関連Q&A

リンク集&免責事項

SNS / bookmarks

サイト更新日


平成29年10月22日

お問い合わせ


Copyright © 2008-2017 歯周病ガイド. All rights reserved