歯並びの悪さ



歯垢(プラーク)が歯、歯の周りに付着し放置していると歯肉(歯茎)が炎症を起こし歯周病になりますので、毎日の歯磨き等によって付着した歯垢(プラーク)を確実に除去すれば歯周病になるリスクはかなり低いのですが、


歯並びが悪い人は磨き残しが多くなる可能性が高い=付着した歯垢(プラーク)を除去できていない


と、なりますので歯周病になるリスクが高いといえます。


歯並びが良い人はそれほど神経質に歯磨きをしなくても磨き残しが少なく、付着した歯垢(プラーク)も除去できているのですが、歯並びが悪い人、特に歯と歯が重なり合っているような場合、いくら丁寧に歯磨きをしても重なり合っている部分はどうしても磨き残しが多く、歯垢(プラーク)も付着しやすい、付着した歯垢(プラーク)を除去しにくい、となりますので、必然的に歯周病へのリスクが高くなってしまうのです。


また歯並びが悪いということは歯周病へのリスクが高くなるだけでなく、当然、虫歯へのリスクも高くなり、その他、見た目が悪かったり、歯並びの悪さから噛み合わせが悪くなると一部の歯への負担が大きくなるため歯が欠けたり、頭痛、肩こり、めまい、食欲不振などの全身疾患へ繋がってしまうこともありますので、可能であれば歯列矯正なども検討したほうがよいかもしれません。


もちろん歯列矯正も必要かもしれませんが、磨き残しがないような丁寧で正しい歯磨きの仕方を歯医者さんに教えてもらったり、歯間ブラシなどを利用して可能な限り歯垢(プラーク)を付着させない、または付着した歯垢(プラーク)を速やかに取り除く努力も必要ですよ。


 その他の歯周病の原因



歯垢(プラーク)

歯石

たばこ(喫煙)

詰め物、被せ物の不適合

糖尿病

歯ぎしり



スポンサードリンク

歯周病の症状

歯周病の原因

歯周病の予防対策

治療法・手術法・治し方

関連Q&A

リンク集&免責事項

SNS / bookmarks

サイト更新日


平成29年10月22日

お問い合わせ


Copyright © 2008-2017 歯周病ガイド. All rights reserved