歯ぎしり



歯周病の直接の原因ではありませんが、『歯ぎしり』をする方は歯周病の進行が早くなり、より症状が重症化するとされています。


歯ぎしりをするという事は歯だけでなく歯肉(歯茎)などの歯周組織に強い力が加わるという事で、歯周病で炎症を起こしている歯肉(歯茎)に強い力が加わればより炎症が激しくなり、さらに歯肉(歯茎)だけでなく歯槽骨へ強い力が加わる事によって歯槽骨が破壊され、歯を失う大きな原因となってしまうのです!


 歯ぎしりの予防・治療法



歯ぎしりが歯周病の進行を早め、歯を失う原因となっているのであれば、歯ぎしりをやめればよいのですが、歯ぎしりは睡眠時、無意識のうちにする事が多いので、いくら歯ぎしりをやめたいと思っても簡単にやめる事は出来ず、そもそも自分が歯ぎしりをしている事に気付いていない方さえいるのが現実なのです。


ではどのようにして歯ぎしりを予防、治療するのでしょうか?


まず歯ぎしりはストレスを感じているときや疲れが溜まっているときにする事が多いので、難しいかもしれませんがストレスを解消し、疲れている時はしっかり休む事が非常に大切となってきます。


それでも歯ぎしりが解消されないときは『マウスピース』などの器具を使用して物理的に歯ぎしりをしないような治療が行われます。


いずれにしても歯ぎしりさえなくなれば歯周病の進行を抑え、歯を失うリスクが下がりますので、歯ぎしりを指摘された方、または自覚している方は早めに歯医者で治療を行っていきましょう!


 その他の歯周病の原因



歯垢(プラーク)

歯石

たばこ(喫煙)

歯並びの悪さ

詰め物、被せ物の不適合

糖尿病



スポンサードリンク

歯周病の症状

歯周病の原因

歯周病の予防対策

治療法・手術法・治し方

関連Q&A

リンク集&免責事項

SNS / bookmarks

サイト更新日


平成29年10月22日

お問い合わせ


Copyright © 2008-2017 歯周病ガイド. All rights reserved